必須アミノ酸

必須アミノ酸とは?

必須アミノ酸とは、体内で合成できないアミノ酸のことです。

自然界に存在するアミノ酸は全部で500種類以上ありますが、このうち人間が必要とするアミノ酸は20種類あります。さらにここから、体内で合成できる非必須アミノ酸11種類と、必須アミノ酸9種類に分類されます。

この20種類のアミノ酸はいずれも人体になくてはならない大切な成分ですが、特に必須アミノ酸は、体内で合成できない分、食事やサプリメントなどを利用して外部から摂取しなければならないので、積極的に摂取する必要があります。

必須アミノ酸の働き

人体を構成する必須アミノ酸は全部で9種類あり、それぞれが大切な役割を担っています。

しかも、必須アミノ酸は9種類すべてを摂取しないと効率よく働かないため、常にバランスの良い接種法が求められます。

ここでは、人体に必要な9種類の必須アミノ酸の働きについて紹介します。

ロイシン 筋肉の増強、疲労回復に効果があるほか、脂肪燃焼によるダイエット効果を期待することができます。
イソロイシン 筋肉の増強、疲労回復、筋肉消耗の軽減に効果があります。また、慢性の肝性脳障害改善にも有効です。
バリン ロイシン、イソロイシンとあわせてBCAAと呼ばれているアミノ酸です。筋肉の増強、疲労回復の他、精神や運動能力の改善に効果があります。
メチオニン うつ症状を改善する働きがある他、葉酸とともに乳ガンや大腸ガンの予防にも役立ちます。
スレオニン 成長を促すアミノ酸のひとつで、不足すると脊髄痙縮などの成長障害を招きます。
トリプトファン 脳内の神経伝達物質の材料となるアミノ酸です。精神機能を安定に保ち、PMS(月経前症候群)を和らげる効果があります。
フェニルアラニン トリプトファン同様、神経伝達物質の材料です。注意力や集中力を増進させる効果があります。
リジン 抗体やホルモン、酵素などの材料になるアミノ酸です。ケガの回復力を高める他、糖質の代謝やカルシウムの吸収を助け、肝機能を高める作用があります。
ヒスチジン 満腹中枢を刺激する作用があり、食べ過ぎによる肥満を予防する効果があります。また、慢性関節リウマチの予防や改善にも有効です。特に子供の成長に必要不可欠なアミノ酸と言われています。

香酢で必須アミノ酸をバランスよく摂取しよう

香酢には、人体が必要とする必須アミノ酸9種類を含むアミノ酸がバランスよく配合されています。

酢はもともとアミノ酸含有量が高い健康食品として知られていますが、原材料や製法によってアミノ酸含有量が大きく異なり、中でも玄米やもち米を用いて長期間熟成・発酵する香酢は最もアミノ酸含有量が高くなっています。

具体的に比較すると、香酢のアミノ酸含有量は一般の米酢の10倍、日本の黒酢と比べても3倍も高くなっています。

現代人は特に食生活が乱れがちで、必須アミノ酸が不足しやすい生活を送っているため、毎日の食生活に香酢を上手に取り入れ、必須アミノ酸を効率よく摂取しましょう。