香酢の効果と効能

香酢の持つ効果・効能

香酢には、さまざまな効果・効能があり、健康面だけでなく、美容面でも注目を集めています。

ここでは香酢の持つ効果・効能について紹介します。

血液サラサラ効果

香酢には一般の酢の10倍ものアミノ酸が含まれていますが、その中のひとつであるアルギニンには、一酸化窒素を作り出す効果があります。

一酸化窒素には体内の血管を拡張する作用があり、滞っていた血流を改善し、ドロドロ血液をサラサラ血液に変える働きがあります。

血液がサラサラになると、血栓による動脈硬化を防ぎ、脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病を予防することができます。

高血圧予防

酢にはアンジオテンシン変換酵素(ACE)と呼ばれる酵素の一種が含まれています。

ACEには血圧の上昇を抑える効果があり、高血圧予防に有効であることが確認されています。

ACEはすべての酢に含まれていますが、中でも香酢には最も高い血圧抑制作用があると言われています。

疲労回復

香酢には、酸味の主成分である酢酸やクエン酸が含まれています。

これらには疲労の原因である乳酸を分解する働きがあり、体内に蓄積した疲労を取り除き、体力を回復してくれます。

美肌効果

香酢には、肌荒れの原因となる過酸化脂質の増加を防ぎ、健やかな肌を維持する効果があります。

また、美白効果のあるビタミンCを破壊する酵素の働きを抑える効能もあります。

さらに、肌のハリやツヤのもととなるコラーゲンの産生を促し、弾力のある美肌を作り出します。

ダイエット効果

香酢に含まれるクエン酸とアミノ酸には、それぞれ優れたダイエット効果があります。

クエン酸には脂肪の蓄積を防いで肥満を予防する効果があり、アミノ酸には体の脂肪を燃焼し、ダイエット効果を向上する働きがあります。

香酢を摂ると、肥満予防と脂肪燃焼効果を同時に得ることができるため、近年、酢を使ったダイエットも注目を集めています。

二日酔いの改善

香酢には、アルコールを分解・代謝する肝臓の働きをサポートする作用があります。

そのため、飲酒前に香酢を飲むと、二日酔いを予防することができます。