香酢とは

香酢とは?

香酢とは、中国で伝統的に作られてきた黒酢のことで、『香醋』とも書きます。

日本の黒酢が玄米から作られるのに対し、香酢は玄米の他にも、もち米やコーリャン、麦などを使用して作られます。

使用する材料は作られる地域や醸造元によって異なっており、中には小麦やあわ、小豆などの雑穀を混ぜたり、漢方材料をブレンドすることもあります。

一般の酢に比べ、半年~数年と長い間熟成・発酵させるため、酢独特の刺激臭が少なく、まろやかな香りがするのが特徴です。

そのため、調味料として料理に使用するのはもちろん、ドリンクとしても愛用されています。

酢よりもアミノ酸含有量が豊富

香酢のもうひとつの特徴は、アミノ酸含有量が高いことです。

香酢では米などの原料を通常の酢の十倍以上使用している上、発酵・熟成し終わった後、煮詰めて濃縮するので、濃度が高く、非常に豊富なアミノ酸を含んでいます。

その量は一般の酢の10倍黒酢の3倍にあたるため、健康にはもちろん、美容にもきわめて効果が高く、美肌効果やダイエットなどに活用する方も多くなっています。

他にも、香酢には血液サラサラ効果や二日酔いの改善に効果があります。

香酢のおすすめ料理法

香酢は一般のお酢に比べて酸味や香りがまろやかですが、料理や飲み方に一工夫加えることで、さらにおいしくいただくことができます。

毎日手軽に摂取したいなら、フルーツジュースに加えたり、バナナやリンゴなどの果物と一緒にミックスジュースにするのがおすすめです。

食事として摂りたい場合は、餃子やシュウマイなどのツケダレに加えたり、サラダのドレッシングに少量混ぜると、料理の味を引き立てることができます。

現在は香酢の健康効果が注目されているため、香酢を使ったレシピもたくさん考案されています。上手に香酢を取り入れて、健康・美容に良い生活を送りましょう。